パパ活アプリやマッチングアプリ・出会い系サイトの違いとは?それぞれの特徴や目的を解説

Uncategorized

男性と女性の出会いをサポートするサービスには、パパ活アプリやマッチングアプリ、出会い系サイトなどがあります。出会い系サービスの数は年々増えており、似たようなアプリが多いと感じるかもしれません。

これからパパ活を始めたいと考えている女性は、「パパ活アプリやマッチングアプリ、出会い系サイトにはどんな違いがあるの?」「どのサービスを使っても同じなのでは?」と思うのではないでしょうか。
どのサービスにも「出会いを求める男女」が集まっていますが、利用者の目的やサービスの特徴は大きく異なります。
そこで今回は、パパ活アプリやマッチングアプリ、出会い系サイトの違いを徹底解説していきます。この記事を読めば、どんなサービスでパパ活をすればいいか分かるので、ぜひ参考にしてください。

パパ活アプリTOP3

今おすすめのパパ活アプリはこの3つ!
これからの女子には必須のサービスです!

1位:シュガーダディ

パパ活始めるならシュガーダディから!
誰もが登録するパパ活専用サービス!

2位:MITSUMITSU

最短で会えると噂のパパ活専用アプリ!
ダイレクトマッチングで太P探し♪

3位:PJ

良い紳士が多いとパパ活女子間で話題!
プライベートモード機能で安全パパ活♪

パパ活アプリとは?

パパ活とは、お金に余裕のある男性と支援してほしい女性が食事やデートして楽しむことです。男性は、そのお礼として手当を渡すのが一般的となっています。

パパ活では基本的に身体の関係はないと言われていますが、マッチング後は自由恋愛と考えられ、金銭のやり取りはお互いの交渉によって決まります。安全にパパ活を行うには、パパの見定めも重要です。

そんなパパ活をするために作られたのが、パパ活専用のアプリです。マッチングアプリや出会い系サイトとは違い、パパ活を目的とした割り切った関係を求める男女が集まります。

こちらでは、パパ活アプリにはどのような特徴があるのかを説明してきます。

パパ活専用なだけあって使い勝手がいい

パパ活アプリはマッチングアプリや出会い系サイトと違い、サービスの使い勝手がいいのが特徴です。
たとえば、パパ活アプリのシュガーダディでは、「通報回数の表示」から危険なパパを把握できたり、出会い系アプリのように掲示板で当日会える人を探すことも可能です。

インターネット上の掲示板やSNSと違って、身元確認が取れている人しかいないため安心して利用できるのもポイントでしょう。

パパ候補を見つけやすい

マッチングアプリや出会い系サイトでは、恋愛関係や気軽な出会いを求める男女が多く集まります。

一方パパ活アプリには、最初からパパ活を目的にしている男性しか在籍していないため、簡単にパパ候補を見つけられます。また、専門アプリに在籍する男性の方が、パパ活の相場ややり方を知っていることが多く、条件のやり取りもスムーズにできるでしょう。

太パパもアプリを利用している

パパ活アプリは太パパも多く利用しています。その理由として、マッチングアプリや出会い系サイトと比べて月会費が高く、在籍しているだけでもそれなりのお金がかかるからです。

また、ステータスの高い人しか利用できないアプリもあるなど、登録から利用までのハードルが高いという特徴があります。そのため、条件をクリアして在籍する男性会員はハイスペックな人が多く、太パパになってくれる見込みが高いというわけです。

マッチングアプリとは?

マッチングアプリとは、アプリ上で婚活や恋活を目的とした男女が出会うためのサービスです。

気軽な出会いや結婚を目的とした真剣な出会いなど、アプリによって目的は様々ですが、恋愛関係になりたい男女が多く集まります。最近ではメディアでも頻繁に取り上げられ、利用者も増えているようです。

マッチングアプリでパパ活をする人もいますが、パパ活専用のアプリとは利用者の目的やアプリの仕組みに違いがあります。どのような特徴があるのかを見ていきましょう。

そもそもパパ活目的ではない

マッチングアプリのユーザーはパパ活目的では使っていません。
マッチングアプリの中でパパ活をしている人も存在しますが、ユーザーの多くは婚活や恋活を目的としています。そのため、マッチングアプリでパパを探すのは効率が悪く、パパ活にはおすすめできません。

また、アプリによってはパパ活や金銭のやり取りが禁止されています。そのようなアプリでパパの募集をしてしまうと、アカウントを凍結される可能性もあるので注意してください。

男性会員の質が低い

マッチングアプリは、パパ活アプリと比べて男性会員の質が低い可能性があります。

パパ活アプリでは、男性の収入や職業などのステータスが求められますが、マッチングアプリには20代前半から40代前半の一般男性も多く利用しており会員層は様々です。大体の年収も公表されていますが、パパ活アプリに在籍しているようなハイスペックな男性は少数です。

もし、マッチングアプリでハイスペックな男性と出会えたとしても、パパ活アプリのように手当を渡してくれる男性はほとんどいないと考えておいた方がいいでしょう。

趣味や性格が合う相手と出会える

マッチングアプリでは、趣味や休日の過ごし方などからも相手を探せます。普段の生活で出会いの機会がない方でも、マッチングアプリを使えば価値観の合う相手と出会えるのが特徴です。

しかし、趣味が合っていたとしてもパパ活をしたい男性とは限らないので、パパ探しには効率が悪いと言えます。マッチングアプリはパパ活目的ではなく、恋愛目的で利用するといいでしょう。

出会い系サイトとは?

出会い系サイトは1990年代に普及し始めたサービスです。パパ活やマッチングアプリよりも歴史は古く、パパや恋愛相手、友達探しなど、様々な出会いの目的で利用されています。

現在も運営されているサイトの中には、リリースから20年以上経つサービスもあり、会員数が数百万人と規模が大きいのも特徴です。

こちらでは、出会い系サイトとはどのようなサービスなのかを解説します。

女性が優位に立てる

パパ活アプリは女性会員の割合が多く、見た目や年齢、気配りなどで判断されます。外見に自信がない方や自分からアプローチするのが苦手な方は出会いにくいのが現状です。

一方、出会い系サイトでは男性利用者の方が多く、女性が優位に立てるのが特徴となります。掲示板に投稿するだけでメッセージが数十件届くこともあり、これまでなかなかマッチングしなかった方でも出会いやすくなるでしょう。

制限が少なく気軽に出会える

出会い系サイトの多くは身分証明の登録なく、匿名で相手を募集できます。料金もポイント制となっているため、マッチングアプリのように毎月料金が発生する心配もありません。

また、掲示板には毎日数多くの書き込みがされており、時間や場所を指定すれば当日でもすぐに出会えます。継続した関係よりも単発な出会いを求める人が多いのも特徴の一つでしょう。

そのため出会い系サイトは、真剣な出会いよりも気軽な出会いを求める方に向いています。

マッチングアプリよりパパ活向き

マッチングアプリでは、金銭のやり取りを禁止しているサービスも多くあり、アプリ内の掲示板でパパを募集することはできません。そもそもパパ活目的で利用している人は少なく、稼ぐには効率が悪くなってしまいます。

一方で出会い系サイトには様々な出会いを求める男女が集まります。パパ活目的の利用者も多く、マッチングアプリよりも簡単にパパを見つけることが可能です。

ただし、中にはヤリモクでアプローチしてくる男性も存在します。出会い系サイトはパパ活アプリやマッチングアプリのように本人確認がないため、トラブルに巻き込まれないよう十分に注意してください。

パパ活アプリやマッチングアプリ・出会い系サイトの違いと目的

結論から言いますと、パパ活をするならパパ活アプリや出会い系サイトがおすすめです。

3つのサービスは似ているように思えますが、会員の利用目的やサービスの仕組みには大きな違いがあることがわかります。

・太パパや紳士なパパを探すならパパ活アプリ
・婚活や恋活目的ならマッチングアプリ
・気軽な出会いを求めるなら出会い系サイト

まずパパ活アプリは、男女ともに求められるステータスや条件が高くなります。その分、太パパや紳士なパパに出会いやすいため、3つのサービスの中では一番効率よく稼げるでしょう。

次にマッチングアプリですが、こちらではパパ活を禁止されていることが多く、アカウントが停止される可能性もあります。婚活や恋活目的の方におすすめですがパパ活にはあまり向いていません。

また、出会い系サイトでは、恋愛やパパ活、遊び友達など様々な目的の人が利用しています。気軽に相手を募集できるので、単発のパパを見つけるのに向いているでしょう。ただし、登録までのハードルが低い分、太パパは専用アプリよりも少なくなります。

パパ活アプリがなくなる?今後も安心して利用できるサービスはココ!

パパ活アプリは数多く存在しますが、運営元がしっかりしていないサービスは今後、存続が難しくなるかもしれません。

パパ活では「基本的に肉体関係はない」とされていますが、マッチング後は自由恋愛となり、お金を対価に性的なやり取りがないとは言い切れません。

2021年7月28日、Android公式のアプリストア「Google Playストア」にて、性的なやり取り(援助交際など)を目的としたコンテンツを制限するという発表がありました。このポリシーはすでに改定されており、今後も性的なやり取りを提供している、推奨しているアプリは削除されてしまいます。

パパ活アプリも削除対象になる可能性がありますが、シュガーダディやユニバース倶楽部、paddy67のように、国に届けを出しているようなしっかりとしたサービスなら、アプリが削除されても引き続き運営されるでしょう。パパ活をする時は、信頼できるサービスを選ぶことも大切です。

シュガーダディ

シュガーダディは、2015年にリリースされた人気のパパ活アプリです。現在の会員数は20万人以上とパパ活アプリの中でも利用者の多いサービスとなります。
アプリにはマッチング機能がないため、気になる相手にがいれば好きなだけメッセージを送ることが可能です。パパ活アプリには女性会員が多く、1人のパパを奪い合うことも少なくありません。マッチング不要でアプローチできるので良パパに出会える確率も上がることでしょう。運営元もしっかりしているので、初めてパパ活をする方におすすめです。

paddy67(パディロクナナ)

paddy67は2017年リリースと比較的新しいパパ活アプリですが、毎日多数の出会いが誕生している注目のサービスです。
女性は無料で使えますが、男性の月会費は他のアプリと比べても高額となっています。そのため、paddy67を利用する男性会員には会社経営者や医者、弁護士などの社会的に地位の高い人が集まります。ハイスペックなパパとの出会いを求める方は、ぜひ活用してみてください。

まとめ

この記事では、パパ活アプリやマッチングアプリ、出会い系サイトの違いについて紹介しました。似たように見える3つのサービスですが、それぞれ利用している会員の特徴や使い勝手が大きく異なります。
太パパを見つけるならパパ活アプリ、婚活や恋活目的ならマッチングアプリ、気軽な出会いを求めるなら出会い系サイトがおすすめです。

このように、それぞれ出会える男性層に違いがあるので、目的に合わせて自分が使いやすいサービスを見つけてみてください。

タイトルとURLをコピーしました